庄原の桜

千鳥別尺のヤマザクラ 開花状況はこちら⇒千鳥別尺

 昔から荒神信仰の神、荒神様の御神木として、地元の人々から大切に守られてきた大桜。地上3~4m付近から3支幹に分かれ、それぞれ放射状に高く伸び上がり、ほぼ球状の美しい樹形を見せています。また、幹には空洞その他の損傷はほとんど見られず、樹勢は極めて旺盛です。

 


森湯谷のエドヒガシ  開花状況はこちら⇒森湯谷

 県下3番目の大きさを誇り、推定樹齢300年を越す巨樹は、四方へ均等に枝を張り美しい樹形を形成しています。桜樹のすぐ背後は5~6mほど高くなり、田圃の土手から眺めると、眼前に、爛漫と咲き誇る豪華な花冠が圧倒するように迫ってきて、それは息を呑むほどの美しさ。天然記念物の指定もうけ、胸高幹囲4.5mを超えるのは、全国的にも貴重な存在といえます。

 


小奴可の要害桜  開花状況はこちら⇒小奴可

 広島県の天然記念物に指定され、庄原史跡に指定されている亀山城跡の一角に所在していることから、地域の人々に「要害桜」と呼ばれ、大切に保護されてきました。棚田の斜面から高く突き上げるように立ち上り、地上4m程からは幹を二つに分け、堂々と大きく枝を広げています。推定樹齢500年を越す県下第2位の巨木です。

 


円正寺のシダレザクラ 開花状況はこちら⇒円正寺

 約350年もの昔に住職乗覚によって植えられたといわれ、県の天然記念物にも指定されるシダレザクラ。木は境内の鐘桜門を挟んで2本立ち、県下でも有数の巨木として知られています。また、本堂の裏の桜も見事で、他にも、境内には県内有数のコブシも咲きます。

 


蓮照寺のシダレザクラ   開花状況はこちら⇒蓮照寺

 威風堂々と本堂の横に優美な姿で佇む蓮照寺の枝垂桜。その歴史は古く、室町時代永正12年(1515)年の開基といわれています。約10mの頂きから地表近くまで、やや濃い色の花がいっせいに咲きそろう様は圧巻。ドーム型の枝垂桜は珍しく、見頃を迎える4月上旬には、多くの方が訪れます。

 


庄原上野公園  開花状況はこちら⇒上野公園の桜

 上野公園は、周囲4kmの上野池を中心にした桜の名所で、電飾に栄える夜桜の美しさは西日本随一を誇ります。桜の開花と同時に、池周辺に植裁された「レンギョウ」「ユキヤナギ」も開花します。平成2年4月には(財)日本さくらの会が選定する、さくら名所百選に選ばれました。夏には毎年湖畔で、夜空を彩る花火大会が催されます。